黄みが強く、あまり染まらないラサーナヘアカラートリートメント

ラサーナはヘアケア品を多く作っているメーカーです。洗い流さないトリートメントが人気みたいで、あちこちのお店でよく見かけますね。

 

 

海藻由来の成分で保湿力を高めたり、キューティクルを保護したりするそうで、美髪を保てると評判のようです。

 

そのメーカーから出てるんですから、髪の補修力という点ではなかなかの働きが期待できるんですが、染まり方となると別の話で。

 

 

ラサーナからは、白髪に色をつける製品が数種類発売されてます。

 

まず、ここで紹介するヘアカラートリートメント。

 

脱色剤を使っていない、酸化染料で発色する泡タイプのヘアカラー。

 

出かける前にさっと白髪を隠せる、チューブにブラシがついたヘアカラースティック。

 

ヘアカラートリートメントと、白髪隠しを同時に発売しているメーカーはよくありますけど、酸化染料を使ったヘアカラーも出してるのはちょっと珍しいかなと思います。

 

それぞれ、使いたいシーンに合わせて選んで使ってね、といった感じ。

 

ヘアカラートリートメントとヘアカラーの一番の違いは、発色の良さというか染まりの良さですね。

 

それだけに、ヘアカラートリートメントは白髪への色づきはちょっと諦めてるのかな?と思っちゃう感じです。

ラサーナヘアカラートリートメントの染まり方は、こんな感じ

ラサーナヘアカラートリートメントの染まり方は・・・いまひとつですね。

 


染まり具合星2つ

 

色は入るといえば入るんですが、明るいんですよね。色味が。

 

 

ラサーナヘアカラートリートメントはダークブラウン1色しかありません。

 

個人的にはいつもダークブラウンなんで、問題ないですけど「黒がいい」という人は選べないですね。

 

もっとも、髪の補修力というか、美髪ケアとしての働きの方が主みたいなので。

 

そのついでに白髪にも色をつけとくよ、くらいの感じなのかなと思います。

 

ラサーナヘアカラートリートメントの使い方

ラサーナヘアカラートリートメントは、シャンプー後に使います。

 

こんな感じ

  1. シャンプー後、しっかりタオルドライ
  2. 白髪が気になるところを中心に、髪全体に塗布
  3. 初回は10分、色がついたら次からは5分くらい放置
  4. 色が出なくなるまですすぐ

ですね。

 

放置してる間はシャワーキャップをかぶっておくと、少し染まりが良くなります。

 

でも正直、お風呂場でシャンプーした後の髪にシャワーキャップかぶるのは不快ですけどね…w

 

白髪が薄めの茶髪になる感じ

ダークブラウンのヘアカラートリートメントは、ピンクかパープルの色味が強いものが多いです。

 

それがイヤだという人もいるみたいなんですけど、赤みがあるとやわらかい印象になるので、だいたいの人は不満なく使ってるみたい。

 

ラサーナヘアカラートリートメントは、色がダークブラウンしかないんですけど、赤みがあまりないんですよね。

 

 

どちらかというと黄みよりで、他のメーカーだとダークじゃなく「ブラウン」の色味になるんじゃないかなと思います。

 

他のヘアカラートリートメントと同様、続けて使えば色が濃くなっていきますが、最初は薄いなーと感じると思います。

 

待ち時間は平均的な長さ。通常は5分でヨシ

待ち時間は最初なら10分、日常的には5分です。

 

ヘアカラートリートメントとしては、平均的な長さですね。

 

もっと短い時間で色が入るものも最近はありますけど、通常時は5分待つ、というのは主流。

 

長めにおくと、その分染まりが良くなりますが、20以上はおいてもあまり変わらないように感じます。

 

 

 

ラサーナヘアカラートリートメントはどこで買える?

ラサーナヘアカラートリートメントは、公式通販ページのほか、東急ハンズやLOFT、イオン、カワチ薬局などで販売されています。

 

ただ、それらのお店に必ず置かれているわけではなく、店舗によっては取り扱いがない場合もあるみたい。

 

 

公式ページから買うと定期購入や初回購入などで割引があります。

 

割引率はあまり高くないけど、最初の1本は公式で買うといいかも。

 

染める時、手に色が残る?

乾いた手で扱って、そのままにしておくと落ちにくくなります。

 

トリートメント液を触る前に手を濡らしておけば、色がついても石けんで落とせます。

 

液はわりとやわらかめで、扱いやすいですけどね

 

 

爪の間に入ると落ちにくいので、気になる場合はコームか手袋を使っておくべき。

 

色はそんなにハッキリクッキリ残らないので、その日は残っても翌日には薄くなっちゃいますけどね。

 

 

私が使ったときは、手指よりも浴室の床に色が残っちゃいました。

 

すぐに気づいて洗えば落ちたんでしょうけど、知らない間にトリートメント液がボタッと落ちてたところがあって。

 

タイミングが悪いというか、その日は私が最後に浴室を使ったので、そのまま乾いてしまい、翌日お風呂場を洗おうとした時に気がつきました。

 

2、3日洗剤をつけて洗い続けたら消えましたけど、あれはちょっと焦りましたね。

 

浴室が白い場合は、要注意かと思います。

 

翌日のシャンプーで色落ちするか

ラサーナヘアカラートリートメントで染めた白髪は、翌日シャンプーするとけっこう色落ちします。

 

 

シャンプーの泡にはあまり色がつかないんですが、白髪についた色は少しずつ褪色する感じです。

 

ラサーナのヘアケア品は、もともと髪の修復力に優れているので、色を入れるのを重視したい人はヘアカラーの方を選んでね、という感じなんでしょうか。

 

元の髪色が明るくて、入る色が明るい感じでもOKって人にはいいかもしれませんけどね。

 

ラサーナヘアカラートリートメントを使って染めてみた動画