まぁまぁ染まるルプルプヘアカラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメントは、通販会社の「株式会社Jコンテンツ」と、「タカラバイオ社」が共同で開発した白髪用ヘアカラートリートメントです。

 

 

ガゴメ昆布由来の、ガゴメ昆布からしか抽出できない特殊なフコイダンが使われているのが特徴のひとつ。

 

フコイダンは傷んだ髪とか地肌の修復に役立つ成分であって、着色成分ではないですよ。

 

あとはpH値に工夫があって、髪にダメージを与えず、ちゃんと染まる「微アルカリ性」で作られてます。

 

この点も、他にはないルプルプヘアカラートリートメントの特徴といえますね。

 

簡単にササッと使っても、まぁまぁ色が入る白髪用カラートリートメントなんですが、根元や生え際の白髪までしっかり染めるには、ちょっとコツが必要です。

 

そのコツについては後ほど説明するとして、まずは染めた結果を紹介します。

 

ルプルプヘアカラートリートメントの染まり方はこんな感じ

ルプルプヘアカラートリートメントの染まり具合は、まぁまぁといったところです。

 


染まり具合星4つ

 

なかなか良い感じです♪

 

 

ルプルプヘアカラートリートメントはダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラックの4色展開。

 

このうち、ダークブラウンを使って染めました。

 

 

乾いた毛に塗布します。その状態で20分放置。

 

 

その後、色が出なくなるまですすいで、乾かしたのが上の写真の状態です。

 

 

色が入る、という点では十分染まってるんですけど、ピンクみが強いんですよねこれ。

 

 

毛束で見たら

 

「ああ、ピンクが強いんだ」

 

と納得しますけど、自分の頭で染めたら暗さが足りないわけですから、

 

「色が薄い・・・」

 

って感じるかもしれない。

 

ピンクっぽいのを避けて、マットな感じが良ければモカブラウンを選ぶといいかも。

 

 

ルプルプの液はちょっとザラつきのあるタイプ

 

 

液の時点で、ピンクが強いのが分かります

 

 

トリートメント液の色のまま染まるのは、ある意味不安がなくていいと思います。

 

液の色からは、仕上がりが全く想像できない製品もありますからw

ルプルプヘアカラートリートメントの使い方

詳しい使い方は公式ページに動画つきで紹介されてます。

 

簡単に説明すると、

  1. 使うのはシャンプー前、乾いた髪に
  2. 白髪の部分を覆うようにトリートメント液をたっぷりのせる
  3. はじめての時は20分から30分、染まった後キープのためには10分待つ
  4. ヌルヌルがなくなるまでお湯ですすぐ
  5. 乾かして完了

という流れ。

 

発売当初はシャンプー後に使用するのを推してたと思うんですが、いつの間にか乾いた髪に使うものに変化してますね。

 

まぁでも実際、シャンプー後の濡れた髪に使うより、乾いた髪に使った方が染まります。

 

だから公式がそのように導くのは、正しいというか当然の変化かなと思います。

 

染まらないと「白髪に色をつけたいのに、染まらないじゃない!」って不満に思っちゃいますからね。

 

というわけで、ルプルプヘアカラートリートメントは髪が乾いた状態で使います。

 

ルプルプヘアカラートリートメントで根元や生え際まで染めるには

ルプルプヘアカラートリートメントで根元まで髪を染めるためには、以下のようなことに気をつけます。

 

  • できるだけ髪を「素」の状態に近づけておく
  • トリートメント液を気前よく白髪の上に塗り込む
  • ラップなどで封じ込め、温める

 

 

できるだけ髪を「素」の状態に近づけておく

 

髪に整髪料がついてたり、極端に汚れていたら染まりません。前日シャンプーして、スタイリング剤などがついていない状態で使うのがベストです。

 

トリートメント液を気前よく白髪の上に塗り込む

 

地肌や顔回りに色がつくのを恐れて、少なく液をのせると染まりません。

 

思い切りよくドカッとたっぷりのせましょう。躊躇は失敗の元です。気前よく。

 

ラップなどで封じ込め、温める

 

美容院でカラーリングしてもらうと、髪の分け目や生え際にトレーシングペーパーみたいなものをのせて、髪の浮き上がりを抑えてくれますよね。

 

あの要領で、ルプルプヘアカラートリートメントをのせた部分を、ラップで巻いて封じ込めます。なるべく、頭の形に沿ってピッタリと。

 

それだけでもかなり染まりがよくなりますが、公式ページではもっと工夫した方法が動画で紹介されてます。

 

その方法とは、アルミ製のキャップをかぶり、温めたタオルをのせるというもの。

 

使うたびにやるのはちょっと大変ですけど、はじめて使う時はぜひやった方がいいですね。

 

待ち時間は日常的には10分。はじめてなら、20分から30分

待ち時間は長いですね。正直、長すぎると思う。

 

20~30分も待つのは、はじめて使う時だけとはいえ・・・これだけ待ったら色は入るよねそりゃ。って思います。

 

一度ちゃんと白髪が染まったら、次からは10分ですけど。それでも長めですよね。

 

他にもっと短い時間で色が入るヘアカラートリートメントも多くあるので、この点ではルプルプはちょっと不利かもです。

 

ルプルプはドラッグストアで買える?どこで買ったら安いの?

ルプルプヘアカラートリートメントは、以前は通販でしか買えませんでした。

 

今はLOFTや東急ハンズなどのバラエティストアや、自然派の化粧品を扱うお店でも売られています。

 

一番安く買えるのは、公式の通販ページですね。

 

LOFTや東急ハンズなどの実店舗では、定価の3,000円で販売されています。

 

公式通販ページだと、初回購入とか、まとめ買いなど買い方によって割引がうけられますから、その分安いというわけです。
返金保証があったりもします。

 

どういうルートで販売されるのか分かりませんが、フリマアプリやオークションサイトなどでも、販売されているのを見かけることがあります。

 

中には安く出ている場合もあったりして、ちょっと興味をそそられますけど、そういうものは品質管理とかどうなってるのか分からないですよね~。

 

公式通販ページで、返金保証付きで安く販売されてるんですから、そこで買うのが一番確実で安心です。

 

染める時、手に色が残る?

ルプルプヘアカラートリートメントの液は、扱う前に手を濡らしておけば、色がついても洗えばすぐ落ちます。

 

だから素手で扱ってもいいんですけど、先に手を濡らしておくのを忘れないで。

 

乾いた手で扱うと、けっこうしつこく色が残ります。(やりました

 

 

あとは乾いた髪に使うし、待ち時間が長いので、使う時たいがいは服を着たままだと思うんですよ。

 

そうすると、服に液がつくかもしれないでしょ。布には液がつくと色がおちないので、そこは注意ですね。

 

翌日のシャンプーで色落ちする?

ルプルプヘアカラートリートメントで染めた翌日、シャンプーすると、泡にすごく色がつきます。

 

かといって、染まった髪が白髪に戻ることはありませんけど。少しずつ色が薄くなっていきますが、完全に白髪には戻らないですね。

 

地毛の状態にもよると思うんですけど、私の場合はルプルプで染めるのを止めて、シャンプーだけ使っているとピンクっぽい色が残ります。

 

翌日、汗をかいたくらいでは色落ちはしませんね。もっとも、頭にかいた汗をタオルでゴシゴシふけば、タオルには色がつきますけど。

 

色のついた汗が流れるなんてことはないです。

ルプルプヘアカラートリートメントを使って染めてみた動画