いったん染まるけど、すぐ落ちる。テンスターヘナカラートリートメント

テンスターシリーズは、株式会社三宝という会社さんが作っているヘアケアシリーズです。

 

 

かなりの人気商品で、ドラッグストアやスーパー、バラエティストアでもよく見かけます。
特に、自然派の化粧品を扱っているお店には、必ずといっていいほど並んでいますね。

 

テンスターシリーズには、着色成分としてヘナが使われている製品もあります。

 

でもこの「テンスターヘナカラートリートメント」に配合されているヘナは、主に髪の修復成分として使われているみたいです。

 

色はHC染料と、塩基性の染料で入れるんですね。

 

ずいぶん前から販売されている商品で、10年くらい前かな?使ってみた時は、全然色が入らなかったんですよ。

 

その後リニューアルされるたびに色が入りやすくなってて、今ではなかなかです。

 

まずは染めた結果を紹介しましょう。

 

テンスターヘナカラーの染まり方はこんな感じ

テンスターヘナカラートリートメントの染まり具合は、入るけどちょっと赤いかなーという感じ

 


染まり具合

 

染まってるといえば染まってるんですが、薄いというか赤いんですよねこれ。

 

色は6番のダークブラウンなんですが、他のメーカーのブラウンくらいの暗さです。

 

地毛が他のメーカーのダークブラウンくらいの濃さだとすると、赤く薄いので「染まってない」ように感じちゃいますね。

 

 

カラー展開は5色。ライトブラウンブラウンダークブラウンチャコールブラウンソフトブラックです。

 

チャコールブラウンとダークブラウンの違いは、赤みがあるかどうか。
ここで使ってみたダークブラウンは赤く、チャコールブラウンは黄みの強い茶です。

 

使うのは基本的に、シャンプーの後。
乾いた髪にも使えるみたいですが、特に推奨してるわけでもなさそう。

 

テンスターヘナカラートリートメントの使い方

テンスターヘナカラートリートメントの使い方は、シャンプー後、普通のトリートメントみたいに使う、というものです。

 

手順としては

  1. シャンプー後にタオルドライ
  2. 白髪が気になるところに塗りつける
  3. 髪全体にのばす
  4. 5分待つ
  5. 色が出なくなるまですすぐ

です。普通です・・・w

 

液は粘度はあまりにく、水分が少ない感じ

 

 

 

テンスターヘナカラートリートメントは、5分以上長く置いても染まり方はあまり変わらないです。

 

色味は赤いですが、そもそも入り方はそんなに悪くないんですよね。
長い時間置いていても、色の濃さはあまり変わらないので、待ち時間の5分が過ぎたら、すぐすすぐのがいいと思います。

 

わりとすぐ染まるけど、よく落ちる

テンスターヘナカラートリートメントは、基本的に1回でしっかり色を入れるのではなく、使うたびに色を残していきますよ、という製品です。

 

なので、1回ずつの色の入り方はあまり強くない、ということですが、使ってみると

 

意外と色、入るなー

 

と感じます。

 

 

 

ちゃんと染まるのに、なんでメーカー側が「少しずつ」とか言うんだろう。って思ったんですが、翌日シャンプーしてみるとわかります。

 

入った色が、けっこう落ちちゃうんですよね

 

1回でしっかり染まり、色持ちも良い・・・という感じじゃなく、少しずつ残っていく分が増える感じ?

 

だから1度でしっかり!みたいな言い方をしないんだなーと納得。

 

そもそも白髪の量が少なかったり、そこまで黒々と染まらなくてもいいなら、テンスターヘナカラートリートメントは値段も安いし、継続的に使うのに向いてるのかなと思います。

 

待ち時間は5分。長く置いても、あまり変わらない

テンスターヘナカラートリートメントの待ち時間は5分です。

 

長く置いても、私の印象としては染まり方はあまり変わらないです。

 

毎日使うのが前提なら、待ち時間は短い方がいいですから、これは理にかなってるなって。

 

ただ、色味が薄いというか、他のメーカーのダークブラウンと比べると薄い茶なので、白髪の量が多いと染まってないと感じるかも。

 

もうちょっと暗さが欲しいなら、ダークブラウンよりチャコールブラウンを選ぶといいかもです。

 

テンスターヘナカラートリートメントはどこで買えるのか

テンスターヘナカラートリートメントは、極端な言い方をするとどこでも買えます。
っていうくらい、たくさんのお店で取り扱いされてますね。

 

 

家の近くのドラッグストア、スーパーの白髪染め売り場、LOFTやPLAZAなどのバラエティストアと、本当にたくさんのお店で販売されています。

 

ネット通販でも、Amazonや楽天市場、ケンコーコムなどで間違いなく扱われているので、見つけられないということはまず、ないです。

 

でも、それだけに「どこで一番安く買えるか」は分からないんですよね~。

 

ちなみに、正価は1,800円(税込1,944円)です。
もともと、安い方なんですよね。

 

家の近くのドラッグストアやスーパーで、ポイントを駆使して買うのが安いか。
セールがある時を狙うか?

 

実店舗で工夫して買う方が、安く買えるチャンスが多い商品です。

染める時、手に色が残るかどうか

テンスターヘナカラートリートメントは、あまり手指に色が残りません。

 

と、言っても乾いた手で扱って、そのままにしておいたら残りますよ。
手についてもすぐに石けんで洗えば落ちる、という意味です。

 

他のメーカーのヘアカラートリートメントより、すすぎ湯にもすぐ色が出なくなるし、扱いやすいと思いますね。

 

 

液がやわらかく、チョコレートソースみたいな質感なので、ボタッと一ヶ所につきにくいというのも、色が残りにくい理由なのかもしれません。

 

翌日のシャンプーでの、色落ちは

テンスターヘナカラートリートメントは、翌日のシャンプーでけっこう色落ちします。

 

 

よく色が入るんですが、翌日落ちてしまう分が多いので、なかなかしっかり色が入った!っていうふうにならないかも。

 

しかも、色味が薄いというか明るいので、染まらないなーと感じやすいと思います。

 

決まった周期でしっかり染める時間を作るのではなく、毎日意識せずに白髪ケアしておきたい、という人が使うのに合っているヘアカラートリートメントです。

テンスターヘナカラートリートメントを使って染めてみた動画